タグ別アーカイブ: 毎日飲めるプラセンタ

プラセンタつぶ5000の次はコレ|馬プラセンタを狙うべきです。

プラセンタつぶ5000の次は?

プラセンタつぶ5000の次は?

長年プラセンタつぶ5000をつかっていると、ちょっと浮気してみたくなります。効果はわかっているから、いつでもプラセンタつぶ5000に戻ってこれますしね。
毎日使うものなので、定番を使い続けるのもいいですが、
ちょっと変えてみるのも新鮮な気分になっておすすめです。

 

次に狙うのは、馬プラセンタですよね

プラセンタつぶ5000には豚プラセンタが使われています。
次に何を?って考えるとやっぱり馬プラセンタしかありませよね!!

高級でアミノ酸量が豊富という宣伝文句が多いようですが実際はどうでしょうか?
まず馬プラセンタと豚プラセンタの違いは、アミノ酸量です。成分分析すると馬プラセンタは豚プラセンタの1.2倍のアミノ酸が入っているそうです。

馬プラセンタって高級というイメージがありましたが、効果も高いのかもしれません。でもやっぱりプラセンタは毎日飲めないと意味がないですからね。
そこで、調べてみました。

 

毎日飲める馬プラセンタはあるのか?

いろいろ調べた結果、毎日飲める馬プラセンタの商品は2つありました。

シスタープラセンタ

1箱15,900円の馬プラセンタ高い!

調べてみて実感しましたけど、やっぱり馬プラセンタって高いですね。国産の製品はなんだか信頼できそうなので一生懸命探してみましたが、ないです・・・。国産馬で毎日飲めるほど安いプラセンタってありませんでした。どれも一日200円以上します。

→これ、今では違います。見つけました。それがTp200です。

じゃあ、国産にこだわらないで(プラつぶも国産じゃないし・・・)
諦めずに色々調べたところ、やっと見つけました!

 

私がこの結論に至るまでには、3年以上かかっています。普通はそんなに時間はかけられませんよね。私はほんと執念でここまできました。

 

私が見つけた毎日飲める馬プラセンタは、
北海道産のサラブレッドプラセンタでした。

TP200って何者?なんでこんなに安いの?

私が見つけたプラセンタは、「Tp200」といいます。

Tp200のパッケージ

ティーピー200です。サラブレッドの「T」、プラセンタの「p」を合わせて、Tp200です。200は1粒当たりのプラセンタ純末の配合量が200mgだから、200です。

驚くのはその価格。30粒入りで2,500円。カプセルの中身は、北海道産のサラブレッドプラセンタの純末が200mg詰まっています。その他の邪魔な成分は一切入っていません。純粋にプラセンタだけが詰まったサプリです。

ちなみに、北海道産のサラブレッドは、血統管理もされており、健康状態も常にチェックされている優良な馬です。食肉にされる馬のプラセンタも流通していますが、これとは格が違います。サラブレッドは基本的に繁殖を目的に飼育されており(いわゆる競走馬ってやつです)、遺伝的な障害を防ぐために、薬なども極力使わない育て方をします。

TP200のつぶの大きさ

1粒ずつ入っています。丁寧で高級感あります。

国産の馬プラセンタというだけでも高級で、なかなか手が出でない価格になります。その上のサラブレッドのプラセンタなら最高級品です。サプリメントにするとかなり高値になるのが普通です。採算が取れませんからね。

しかし、Tp200はこの問題をクリアしています。これまでは通常8,000円以上する国産サラブレッドプラセンタサプリでしたが、なんと、2,500円なんです。

いい時代になりました。安過ぎるのがちょっと心配なくらいです。

大注目です。チェックしてください≫≫TP200

 

次にコスパがいいのはアレ

馬プラセンタでもっともコスパがいいのはコレ

母の滴プラセンタEXリニューアル

60粒で4,860円。コスパではプラつぶを上回ります。

まず馬プラセンタサプリで、一番コスパが高いのは母の滴プラセンタEXでした。ただ、こちらはメキシコ産馬プラセンタです。(≫≫メキシコ産ってどう

とても人気があるようです。確かに馬プラセンタとしては価格破壊です。1回2粒に500mgの馬プラセンタ原末が入っています。

プラつぶは336mgですから1.5倍です。価格は30日分が4,860円で、一日162円です。プラつぶが116円だから値段は1.4倍ですね。もし1回1粒にできれば、プラつぶより安く馬プラセンタが飲めます。かなりいいと思いませんか?もっと詳しく≫≫母の滴プラセンタEXの購入レビュー
でも安い=低品質では意味がありませんよね。

 

国産じゃありませんが、これはかなり高品質でした

安いサプリには、ぜったいに何か裏があると思ってしまいます。
この母の滴プラセンタEXはどうでしょうか?馬プラセンタでありながらプラつぶ以上のコスパです。なにか裏があるのかな?

まずカプセルの中身ですが、

母の滴プラセンタEXの原末

余計なものが入っていないプラセンタだけの粉末です。

かなり苦い!まずい!皆さんは真似してカプセル開けないで。中身は正真正銘の馬プラセンタ100%の粉末でした。

パケージの中は、

母の滴パッケージの中身
なるほど、こういうところでコスト削減ですね。
アルミシートに個別パケージではなく、パウチ袋に入っているタイプです。パッケージングでコスト削減していました。(プラつぶと一緒ですよね)

フローレス化粧品のHP

そして、HPを見ると雑誌掲載などの記載がありません。ということは、ほとんど宣伝広告していませんね。芸能人や雑誌とタイアップして広告費を支払ったりしていないということ。

こういうところでコスト削減し、実現している低価格でした。
プラつぶのお試しパックを3つ買ったあとは、こちらを試してみるのが一番安くプラセンタを続ける方法ですね。
公式サイト(最短9分で注文できました)≫≫母の滴プラセンタEX

 

私の結論は

2つの商品を見つけましたが、私の結論は、TP200を継続する!というところに落ち着いています。コスパ的にもかなり満足しています。

もうかなり継続しています。やっぱりなんか違うなと思えば、母の滴プラセンタEXに浮気することもできますしね。
ちなみに私は、現在144日経過中。プラつぶで消えた肌のくすみも再発していないし、肌の状態は相変わらず絶好調。あとなんか眠りが深いように思います。短時間でも良く寝たなっていう感覚が前よりありますね。使用感としては馬の方が私には合っているように感じます。≫≫TP200

Tp200について詳しく書かれています≫≫Tp200のすごい理由を教えます。

母の滴プラセンタEXの詳細はこちら≫≫母の滴プラセンタEXの秘密

口コミはこちら≫≫母の滴プラセンタEXの口コミ